Home  »  コーチングのヒント   »  

ロングサーブとアタックの使い方

ロングサーブとアタックの使い方。

ピン日曜日へようこそ、私はEmRatThichです。

速くて長いサーブをプレーし、3球目の攻撃で強く攻撃することは、卓球で最高の戦術の1つです。

この戦術は、 長いにきびのプレーヤーに対して非常に効果的に使用することができます。


長く奉仕し、戦略を攻撃します。

∎ いき、ページ目次 ∎

あなたは長いサーブであなたの対戦相手を倒すことができます。 これらは、理想的には多くのスピードとスピンで、テーブルの 対戦相手の側に深く着地 するサーブです。



長く奉仕し、強く攻撃することは非常に良い戦術です
長く奉仕し、強く攻撃することは非常に良い戦術です

相手の バックハンド側 に直接長くて速いサーブをサーブし、リターンボールを攻撃します。 これは 卓球でもっと勝つための非常に効果的な方法です。


効果的なロングサーブとは何ですか?

良いロングサーブは、速く、ネット上で低く、相手のベースラインの近くで バウンスし、2番目のバウンス は、対戦相手がいるテーブルの端の近く、相手の肘の近くに着地する必要があります。

エンドラインの近くで長く奉仕する
エンドライン
の近くで長く奉仕する

速いロングサーブの鍵は、最初のバウンスがテーブルの端に近いことを確認することです。 これは、 ボールがネットを越えて反対側に 着地するのに十分なスペースがあることを意味します。 最初のバウンスがネットに近すぎると、ボールも遅くなり、ネットに近づきます。

こちらは中国人コーチ、 チェ・シャオシー監督のデモです。

肘まで長くサーブもとても良いです
肘に長くサーブも
非常に良いですこのビデオを見る:

How to serve long and attack in table tennis

Watch this video.



©PINGSUNDAY. Unauthorized use, translation or duplication of this material is strictly prohibited. Link and excerpt may be used, provided that clear credit is given to PingSunday with the specific link to the original content.

Sign up and join +65k readers. Get free coaching ebooks and coaching advice every week


2012年以来フランスの卓球コーチ、pingsunday.com(卓球プレーヤーのための最高のオンラインコーチングプログラム)の創設者。 1983年ベトナム生まれ、博士号ピエールマリーキュリー大学で。 彼についてを読む。

コメントする

PingSunday