Home  »  コーチングのヒント   »  

パート2 – 卓球で最も使用される筋肉

一般的な卓球の怪我と予防方法。 パート2 – 卓球で最も使用される筋肉。 卓球の怪我の研究で、4つの部分から成り立っています。


卓球で最も使用される筋肉

卓球のストローク中にどの筋肉群が過剰に使用されているかを理解するには、卓球のバイオメカニクスを理解する必要があります。 他のラケットスポーツ(テニス、ゴルフ、スカッシュ)と同様に、卓球にはさまざまな種類の ストロークサービスが含まれています。 各動きには、怪我に影響を与える可能性のあるさまざまな生体力学的要因が含まれています。 最も人気のある10のストロークでは、フォアハンドトップスピンとフォアハンドスマッシュは、最もエネルギーを消費し、使用するには多くの筋肉を必要とする動きです。https://www.youtube.com/watch?v=GKvZ6wFaB-0

3ストロークフェーズ

卓球のストロークは、異なる動きの3つのフェーズによって特徴付けられます。

[キャプション ID = "attachment_11066" 整列 = "中央揃え" 幅 = "1014"]卓球で最悪の怪我5人 卓球で最悪の怪我5人[/キャプション]

卓球における6つのエネルギーリンク

このプロセスでは、膝、肩、肘などの筋骨格関節が、エネルギーを生成して次のリンクに伝達することによって、運動連鎖のリンクとして機能します。 エネルギーリンクのリストは次のとおりです。



  1. 足首(弱): 「グランドからの電力」を転送する最初のリンク
  2. 膝(ミディアム): 地面と腰の間の中間リンク
  3. トランク(ストロング): 股関節と腰 – 非常に強いコアと少ない怪我の可能性
  4. ショルダー(ストロング): コア軸と回転軸間のリンク
  5. エルボ(ミディアム): コアと前腕の間のリンク
  6. 手首(弱): 弱いリンクが、最高の速度を被る

したがって、リンク#1とリンク#6は非常に重要ですが、弱いことがわかります。 足首と手首は、手順の最初と最後のリンクです。 しかし、残念ながら、足首と手首は非常に弱いです。 トランク(ヒップとウエスト)は非常に強いリンクですが。 足首は 「地面からの力」を吸収し、手首はこのエネルギーをボールに伝達します。 [キャプション ID = "attachment_5580" 整列 = "整列中心" 幅 = "608"]マ・ロン・バイオメカニクス - 卓球における6つのエナリー・リンク

Ma Long バイオメカニクス – 6 卓球におけるエネルギーリンク [/caption] ウエストは胴体の中で最も狭い部分です。 腰はお尻の最も広い部分ですが。 卓球では腰も腰もとても重要です。 彼らはあなたのストロークのために多くのパワーを生成します。 だから弱いリンクは卓球で怪我をしやすいでしょう。 古い選手 (ベテラン、シニア)は、より多くの足首と膝の怪我に苦しむでしょう。 そして、ジュニア選手は手首、肘、肩の怪我にもっと苦しむでしょう(私のコーチング経験に基づく)。 良いストロークの間、このエネルギーサイクル(地面からボールまで)はボールを回転させます。 ラケットだけでボールにインパクトを与えるのではなく、この「リンクコンセプト」について考えてみましょう。 これについて考えることで、怪我の可能性を減らすことができます。

怪我を減らすためにすべてのリンクを使用してください

卓球の1試合では、このリンクサイクルが何度も繰り返され、アスリートの強さ、スタミナ、柔軟性、テクニックに大きく依存します。 アーティキュレーションにおけるエネルギー伝達が 効果的に調整されないと、以下のジョイントが過負荷になりやすい。 卓球の「エネルギーをつなぐ」という概念を理解することで、激しいトレーニング中の怪我や痛みを大幅に軽減できます。 だからこそ、卓球ではバイオメカニカルが非常に重要です。 このコンセプトを、ハイレベルなプレイヤーや新規プレイヤーに説明したいと思います。 ハイレベルの選手やコーチは、 パフォーマンスを向上させるためにそれを使うことができます。 新しいプレイヤーは適切なテクニックとストロークメカニズムを持つためにそれを使用することができますが。 すべてのプレイヤーはあなたの安全のためにこれを知っておくべきです。 [キャプション ID = "attachment_5581" 整列 = "中央揃え" 幅 = "800"]卓球での酷使による筋肉の緊張 卓球での過剰使用による筋肉の緊張[/caption] 経験豊富な卓球選手とアマチュア選手の間には大きな違いがあることが分かりました。 経験豊富なプレイヤーは、パワーを生成するために多くの筋肉群を使用することを好みます。 アマチュアプレーヤーは、適切な膝の屈曲と股関節の回転を忘れているので、肩と肘 の25% 以上を使用して同様のスピードとパワーを生成する必要があります。

卓球では肘が 25% 「使いすぎ」であるべきで、「地面からのパワー」という概念を使わなければ

私がコーチをするとき、私は流動的であること、私の選手のための ストロークの正しさ を強調します。 キネティック接続は、経験のレベルによって異なります。 [キャプション ID = "attachment_5582" 整列 = "中央揃え" 幅 = "900"]卓球における上肢バイオメカニクス

卓球における上肢のバイオメカニクス[/caption] 高度な卓球選手は、弱いリンク(手首、足首)に伝わる衝撃力を減らすために、運動的接続をより効果的に操作します。 次に、初心者やレクリエーションの卓球選手は、効果的なテクニックがない場合、過度に調整されていない力を使用することがよくありますが、ボールスピードとスピンは増加しません。 怪我の予防を最大化し、 ショットの品質を向上させるのに非常に役立つ最適なテクニックを学ぶ必要があります。


ラケットスポーツの怪我

あなたがコーチであれば、選手の怪我防止戦略にどのような要因が関与しなければならないかを理解する必要があります。 新しいプラスチックボールと現代の競技スポーツ(ITTFの新しい方針)により、卓球における怪我の潜在的なリスクが高まります。 傷害は主に筋肉組織を含む。彼らは関節や腱への傷害が続きます。 [キャプション ID = "attachment_11067" 整列 = "位置合わせ中央" 幅 = "1210"]ラケットスポーツでの怪我 ラケットスポーツでの怪我[/caption] これは、参加の増加、強度、要求、およびより長いトレーニング期間に起因する可能性があります。 卓球はラケットスポーツの中で最もリスクの低いスポーツの1つですが、卓球、テニス、バドミントンの間で怪我の共通の問題があります。 男子選手と女子選手に違いはありません。 他のラケットスポーツと比較して、卓球選手 は怪我をします。 (私たちにとって朗報です)  [キャプション ID = "attachment_5649" 整列 = "整列中央" 幅 = "900"]卓球、テニス、バドミントンでの怪我の場所 卓球、テニス、バドミントンにおける負傷箇所(M. Kondric et al. 2011)[/caption] 卓球、バドミントン、テニスの両方に、 背骨足首の3つの最も危険な部分があることがわかります。 最もリスクの高いパーティーは、卓球の肩(20.05%)とテニスの足首(20.00%)です。 2番目にリスクの高いボディパーティーは、卓球と背骨(15.38%)の背骨と腰(それぞれ15.79%)で、テニスでは手首と肩(それぞれ13.85%)が続きます。 体の他の部分は怪我をしにくいです。

より大きなボールの導入により、これらのストロークはさらに突然になりました、KONDRIC M. (2011)

私のコーチング経験では、これらの怪我のほとんどは「突然の動き」から来ています。 卓球では、卓球のストロークの終わりにスイングフェーズがない(卓球ストロークの3つのフェーズについては上記を読んでください)と、怪我のリスクが高まる可能性があります。 [キャプション ID = "attachment_11068" 整列 = "中央揃え" 幅 = "1210"]ゴルファーの肘の問題 ゴルファーの肘の問題[/キャプション]

スイングを通して、筋肉に最適な方法と、関与する関節(肩、肘、手首)の適切な角度を提供します。

それはあなたが正しいスイング方法を学ぶべきであることが非常に重要です。 それは 陰泰です。 卓球は足首の怪我が少し高いです。 卓球では横方向の動きが速く、他のラケットスポーツでは完全な動きがあるため、靴と装具のサポートを使用して足のバイオメカニクスを変更することはできないため、足の完全性が不可欠です。 [テーブル ID = 23 /]  足首と足の関節の怪我の割合が高い(全体で23.69%)ことは、プレーヤーがこれらの怪我を避けるために 適切な履物を選択する ことにもっと注意を払う必要があることを示しています。


次の章

第3章はこちらからお読みください。



©PINGSUNDAY. Unauthorized use, translation or duplication of this material is strictly prohibited. Link and excerpt may be used, provided that clear credit is given to PingSunday with the specific link to the original content.

Sign up and join +65k readers. Get free coaching ebooks and coaching advice every week


2012年以来フランスの卓球コーチ、pingsunday.com(卓球プレーヤーのための最高のオンラインコーチングプログラム)の創設者。 1983年ベトナム生まれ、博士号ピエールマリーキュリー大学で。 彼についてを読む。

コメントする

PingSunday