Home  »  プロの装備   »  

丹羽浩樹の機材と演奏スタイル

丹羽幸樹の機材と演奏スタイル。


伝記

丹羽 幸樹、1994年10月10日生まれ、北海道苫小牧市出身。 彼は多くのタイトルとワールドカップを獲得した日本の卓球選手です。 彼はまた、2016年夏季オリンピックのチームイベントで銀メダルを獲得しました。 個人情報

  • 1994年10月10日生まれ、北海道苫小牧市
  • プレースタイル 左利き、シェイクハンドグリップ
  • 最高ランキング 5位(2017年11月現在)
  • クラブ木下マイスター東京
  • 高さ1.62メートル(5フィート4インチ)
  • 重量51キロ(112ポンド)


丹羽幸喜設備

丹羽浩樹の装備はヴィクタス製。 丹羽幸喜は最近刃を変えました! 彼はもはやヴィクタスコキ丹羽材を使用していません。 彼は現在、アウターカーボンブレードであるビクタスZXギアアウトを使用しています! おそらく彼は今、彼のゲームでより多くのスピードを必要としていますが、それは彼のスピンとフィーリングの一部を同時に犠牲にすることを意味します。 リアム・ピッチフォードも以前にこのブレードを使用しており、現在、ピッチフォードのシグネチャーブレードの構造もZXギアアウトブレードに基づいています。

丹羽浩樹のラケット2021 丹羽幸喜がヴィクタス90周年記念 丹羽幸喜オールウッドブレードを今すぐ使用中! 彼はまた、バックハンドにも新しい青色のV>15エクストラを使用しています! 丹羽幸喜は最近のインタビューで次のように述べています:「私は新しい機器を試すのが好きです。そして私はVictasによって後援されたので、もちろん私はそれを試さなければなりません! それに、世界選手権の決勝以来、あまり調子が悪かったので、ブレードと新しい色のラバーに切り替えて気分が良くなりました!」 丹羽浩樹の2020年の装備:ブレード:ヴィクタス 丹羽浩樹 フォアハンドラバー:ビクタス V>15 エクストラ バックハンドラバー:ビクタス トリプルダブルエクストラ はい、丹羽コウキは2021年にバックハンドラバーを交換します。 ダブルエクストラバージョンは、ビクタストリプルシリーズの中で最も難しいバージョンです。 このゴムは中国製で、DHSハリケーンのように表面が粘着性があります。 丹羽のバックハンドラバーはフォアハンドラバーよりも硬いのかと疑問に思う人もいるかもしれません。 確かに、市場に出回っているV>15エクストラは、トリプルラバーよりも本当に柔らかいです。 しかし、丹羽幸喜が使用するV>15はスポンジがはるかに硬く、V>15の硬度は約52.5度という噂があります。 したがって、彼のバックハンドラバーはまだフォアハンドラバーよりも柔らかいです。 2019年男子ワールドカップでの丹羽幸喜のラケット! ブレード:ヴィクタス・コウキ丹羽ウッドフォアハンド/バクランド:ヴィクタスV15エクストラ


丹羽浩樹のプレースタイル

丹羽幸喜はユニークなプレイスタイルで、とてもクリエイティブで面白いです。 丹羽幸喜とJ.O.を比較する選手もいる。 ワルドナーは丹羽幸喜がブロッキングテクニックを多用しているから。 丹羽幸喜選手を徐新と比較した選手もいた。 彼らは両方とも左利きのプレーヤーです。 そして、徐新と丹羽幸喜が演奏しているのを見るのはとても面白いです。 [キャプションID = "attachment_11144" 整列 = "整列中心" 幅 = "1210"]丹羽幸喜は素晴らしくて面白いスタイルを持っています

丹羽幸喜は素晴らしくて面白いスタイルを持っています[/ caption]彼はテーブルの近く(最前線)で速くプレーする攻撃的な左利きのプレーヤーです。 巨大な中国の選手と競争するために、彼は前線で「超攻撃的に」プレーしました。 丹羽のアグレッシブなカウンタープレーは、パワー重視のV>15エクストラから、ボールタッチの良さと、最高のタイミングでのきびきびとしたバックハンドチキータ(バックハンドハンドフリック)などの並外れたサーブの才能で放出されます。 多くの選手が彼の素早い攻撃スタイルの影響を受けています。 [キャプションID = "attachment_11149" 整列 = "整列中心" 幅 = "1210"]丹羽幸樹はチョップブロックで有名 丹羽幸喜はチョップブロックで有名です[/ caption]「チョップブロック」は、バックスピンしてボールの斜めの後ろをつかむことで、相手のトップスピンにボールを返します。 丹羽のカウンタースピンを期待する相手に対して効果的。 重要なトーナメントでの丹羽の落ち着きとクールな外観は、ファンを魅了します。https://www.youtube.com/watch?v=QAkQ3py6wCE


丹羽幸樹について

小学生の頃、父親の勧めで卓球を始めた。 11歳でU18日本代表最年少選手。 2007年7月、彼は997位と評価されました。 2008年と2009年には世界ユース選手権の松平健太と組んでダブルスで銅メダルを獲得。 2009年以来、彼は国際シニアレベルで活躍し、最初の世界選手権に出場しました。 [キャプションID = "attachment_11145" 整列 = "整列中心" 幅 = "1210"]彼のバックハンドフリックは非常にスピンしています 彼のバックハンドフリックは非常にスピンです[/ caption] 2010年、彼は日本とハンガリーのオープンで優勝し、グランドファイナルの資格を得ました。 松平健太と組んで世界ユースダブルス優勝。 彼は今年の終わりに初めて世界のトップ100に入りました。 2010年と2012年には日本選手権男子ダブルスでメダルを獲得し、男子シングルスで優勝。 2011年、彼はグローバルユースタイトルとプロツアー初優勝を獲得し、ジャパンオープン準決勝に進出しました。 2012年4月21日、彼は世界ランキング1位の馬龍を破り、2012年アジアオリンピックの出場権を獲得した最初のプレーヤーになりました。 彼はまた、2012年の世界選手権で日本代表チームで銅メダルを獲得しました。 この年は世界トップ20に入り、岸川誠也とのダブルスで銀メダルを獲得した。 コウキ・ニバは当初ソロに出場したが、1回戦でリタイアした。 2013年、松平と組んでシングルスとダブルスで1/8決勝に進出。 [キャプションID = "attachment_11146" 整列= "整列中心" 幅= "1210"]丹羽浩樹は左利きの選手 丹羽幸喜は左利きのプレーヤーです[/キャプション] 2014年のロシアオープンで、彼は最初のワールドツアーシングルストーナメントで優勝しました。 2014年に日本で行われた世界チーム選手権では、銅メダルと銀メダルを獲得しました。 ニバはアジアカップで7位に終わった後、2015年に彼の最初のワールドカップに出場しました。 彼はシングルスで準々決勝に到達し、ダブルスで混合して銅メダルを獲得しました。 2016年からは吉村真晴と組んでダブルスを組んでいる。 今年、彼は日本チームでワールドカップの銀メダルを獲得し、チームと個人の両方のオリンピックトーナメントに出場しました。 そこで、彼はシングルスの準々決勝に到達し、2位でフィニッシュしました。 [キャプションID = "attachment_11147" 整列 = "整列中心" 幅 = "1210"]丹羽幸喜は近距離攻撃スタイル 丹羽幸輝は近距離攻撃スタイル[/caption]世界選手権ではダブルスで銅メダルを獲得し、ディミトリ・オフチャロフを破って準々決勝に進出した。 その結果、彼は世界ランキングのトップ10に入りました。 ワールドカップでは準々決勝に進出し、11月には最高5位にランクされました。 2018年のワールドカップでは、ディフェンディングチャンピオンだったが、イングランドと韓国に敗れ、メダルなしで敗退した日本チームの一員でした。 日本代表の一員として、2019年のワールドカップで銅メダルを獲得しました。 彼はブダペストで準々決勝に到達しました。




丹羽浩樹と徐新

丹羽幸喜も徐新も見ていてとても面白いです。 彼らは両方とも左利きのプレーヤーです。 [キャプションID = "attachment_11148" 整列 = "整列中心" 幅 = "1210"]丹羽浩樹と徐新 丹羽浩樹と徐新[/キャプション]


丹羽幸樹 at ジュニア日本選手権

丹羽幸輝はまた、全日本全卓球選手権でいくつかのタイトルを獲得しました。 [テーブルID = 54 /]

ライオンカップジャパントップ32-2022:横谷晃vs丹羽幸喜|MSブロンズマッチ

https://www.youtube.com/watch?v=WM0jiGbpMFA


丹羽浩樹とヴィクタス

丹羽幸喜はヴィクタスが後援しています。 彼の機器もビクタスから提供されています。 [キャプションID = "attachment_11150" 整列 = "整列中心" 幅 = "1194"]丹羽幸喜はヴィクタスが後援しています 丹羽幸喜はヴィクタスが後援しています[/キャプション]


丹羽幸樹の経歴

全日本卓球選手権大会優勝。 2009年、中学2年生の時に横浜で開催された世界選手権(シングルス)に出場。 2011年には日本人選手として世界ジュニア選手権で優勝し、2012年にはチームの銅メダル獲得に貢献した。 2013年1月の全日本選手権で男子シングルス初優勝を果たし、現在は日本一。 2016年のオリンピックでは、彼は日本チームが銀メダルを獲得するのを助けました。 彼はシングルスで準々決勝に進出した。 2020年への期待が高まります。 2019年アジアカップでは張本智和を破り3位入賞。 オリンピック 銀メダル – 2位 2016年 リオデジャネイロチーム世界選手権 銀メダル – 2位 2016年 クアラルンプールチーム 銅メダル – 3位 2012年 ドルトムント 団体 銅メダル – 3位 2014年 東京団体 銅メダル – 3位 2015年 蘇州ダブルス 銅メダル – 3位 2017年 デュッセルドルフ ダブルス ワールドカップ 銀メダル – 2位 2018年 ロンドンチーム ユースオリンピック 金メダル – 1位 2010年 シンガポールシングルス 金メダル – 1位 2010年 シンガポール混合団体 アジアユースゲームズ 銅メダル – 3位 2009年 シンガポールシングルス アジア 競技大会 銅メダル – 3位 2010年 広州ダブルス 銅メダル – 3位 2010年 広州団体 銅メダル – 3位 2014年 仁川ダブルス 銅メダル – 3位 2014年 仁川団体 アジア選手権 銀メダル – 2位 2009年 ラクナウチーム 銀メダル – 2位 2012年 マカオチーム 銀メダル – 2位 2013年 釜山混合ダブルス 銀メダル – 2位 2013年 釜山チーム 銅メダル – 3位 2009年 ラクナウダブルス 銅メダル – 3位 2013年 釜山ダブルス 銅メダル – 3位 2017年 無錫シングルス 銅メダル – 3位 2017年 無錫ダブルス


参照



©PINGSUNDAY. Unauthorized use, translation or duplication of this material is strictly prohibited. Link and excerpt may be used, provided that clear credit is given to PingSunday with the specific link to the original content.

Sign up and join +65k readers. Get free coaching ebooks and coaching advice every week


2012年以来フランスの卓球コーチ、pingsunday.com(卓球プレーヤーのための最高のオンラインコーチングプログラム)の創設者。 1983年ベトナム生まれ、博士号ピエールマリーキュリー大学で。 彼についてを読む。

コメントする

PingSunday